AGARAKiiLife縺ソ縺九sKiiSearch
BridalReport
エクシブ白浜&アネックス
エクシブだからこそのオンリーワンウエディング 業界最新の演出も
 細部にまで新郎新婦の希望をかなえ、業界でも最新の演出を取り入れたエクシブだからこそのオンリーワンウエディングをリポート。2008年6月1日に挙式した新郎Sさんと新婦Kさんの結婚式、披露宴の様子を写真で振り返る。

 エクシブのブライダルは「至福」がテーマ。そのカップルだけに使われるウエディングコンセプトを設定。演出やコーディネートなどすべてにおいて、オンリーワンのウエディングにこだわっていく。
撮影 白井スタジオ

プールサイドウエディングでスカイブルーに包まれる
 大きなプールがあるエクシブならではのウエディングスタイル。プールの中央に祭壇を設け、プールサイドにゲストの席を用意。スカイブルーの空と水、水面をなでる優しい風に祝福されるさわやかな式。人前式もできるし、プールサイドというロケーションを生かした演出も思いのままだ。

和歌山初!!ドロップ&フライバルーンに夢を乗せて
 和歌山では初めてで、業界でも珍しいという「ドロップ&フライバルーン」。式の後、ゲスト一人一人が重りと糸のついた風船を手にする。一斉にプールに投げ込むと、数秒で水溶性の糸が溶けて切れ、風船が大空に飛び立つ仕組み。二人のたくさんの夢を乗せた風船が大空に舞い上がる様子は圧巻だ。

初夏らしいさわやかなテーブルコーディネート
 テーブルコーディネートは、初夏らしいライトグリーンを基本に、暖色系のシャンパンカラーとオレンジで暖かさと色のメリハリを与えている。
 装花は、結婚式の演出で歴史と実績のある「フラワーショップ タケシタ」。初夏の花を中心にテーブルコーディネートを華やかに演出している。

新婦がこだわった、ラインが美しい白ドレス
衣装は「花嫁衣裳 紫光」。カットレースをふんだんに使った豪華な白ドレスは、新婦がこだわり抜いて選んだ。バックトレースやベールが長くてラインもきれい。プールサイドでひときわ美しさが際だっていた。
 一方、お色直しで披露したブルーのカラードレスは、新郎の一目惚れ。アジサイのような薄紫色に水玉があしらわれていて上品。色白の花嫁によく似合っていた。本来はストラップ付きだが、外してベアトップで着用した。

シャボン玉に包まれて、幻想的なフェアリーイリュージョン
 お色直し入場はキャンドルサービスが一般的だが、今回の式では「フェアリーイリュージョン」でゲストの各テーブルを回った。
 新郎新婦は、キャンドルではなく特殊な薬品の入った水差しを持って入場。各テーブルの装花の横にも、あらかじめ薬品の入ったグラスが置かれている。水差しから薬品を注ぐと反応し、幻想的な蛍光ブルーが会場に浮かび上がる。最後は、シャボン玉の舞う中、高砂テーブル横の大きなグラスがブルーに染まる。

ケーキシェアリングでは両親にサプライズ
 ウエディングケーキ入刀は、ツリータイプのケーキではなくフレッシュケーキで実施。新郎からは「一生食べるものに困らせないよ」、新婦からは「いつもおいしいご飯を作って帰りを待っているよ」という思いを込めてシェアリング(互いに口に食べさせ合う)。
 そこで、サプライズ。新婦の父の誕生日が近かったこともあり、「ハッピーバースデー」の歌を全員で合唱し、両親もケーキのシェアリング。新婦の母は感涙。あらかじめ「見届け人」としてケーキの側に招いておいたのでスムーズだった。

【ブライダルレポートTOP】
INFOMATION
バックナンバー
今話題の"和"をセンス良く取り入れたこだわりウェディング
(2014/2/20更新)

「ディグニティスタイル」が新登場!ゲストとの距離がグッと近く♪
(2013/03/03更新)

宴内人前式が新登場!アットホームさが魅力♪
(2012/03/03更新)

「先輩」のアドバイスが聞けるブライダルフェア
(2010/02/05更新)

「おもてなし」で最も気になる料理 試食ができるブライダルフェア
(2009/06/29更新)

エクシブだからこそのオンリーワンウエディング 業界最新の演出も
(2008/06/05更新)