AGARAKiiLife縺ソ縺九sKiiSearch
BridalReport
ホテルグリーンヒル白浜
幻想的なナイトウエディングを
2011年6月5日。
キャンドルやライトによるイルミネーション、キラキラと輝く星空に包まれながら「ナイトウエディング」を開催。
幻想的な雰囲気の中、新郎新婦の家族や小さな子どもが参加できるオリジナル演出を取り入れた、和やかな挙式が行われた。

キャンドルに光を灯して、挙式スタート
太陽が沈み、夜に移り変わる時間。
まずは2人の友人(証人代表)が招待客にキャンドルを手渡しながら入場。
そして、両家の代表がチャペルキャンドルに点火。
光に包まれながら新郎新婦が入場し、挙式が始まった。

新郎からのプレゼント&2人の「誓いの言葉」
まずは、キラキラと光るヴァージンロードを歩きながら、リングボーイが「結婚指輪」を2人の元へ。
新郎が受け取り、新婦に指輪をプレゼント。
イルミネーションが点灯するなか、2人は「誓いの言葉」を読み、全員に幸せを誓った。
誓いの言葉は、立会人代表の友人が「誓約書」として招待客にお披露目。
招待客からは祝福の拍手がおくられた。

幸せのウエディングケーキ入刀
今回の挙式では「ウエディングケーキ」も用意。
ケーキは新婦の妹の手作り。祝福の気持ちが込められたケーキは、2人をイメージしたクッキーと挙式日のキャンドルでデコレーション。
ケーキ入刀の瞬間は、新婦からは幸せいっぱいの笑みがこぼれた。

新郎新婦のサプライズ
2人のケーキ入刀が終わった後は、お祝い返しのサプライズとして、新郎の兄夫婦、新郎の姉夫婦にウエディングケーキを用意。
子どもたちも一緒に参加して、家族みんなでケーキ入刀。
もう1つのサプライズは新婦の兄と婚約者へ。2人で一緒に使える「プレゼント」を手渡した。

子ども参加型の演出も
夜と光の演出によるロマンチックな雰囲気で開催された「ナイトウエディング」。最後は子どもたちと一緒に退場。
招待客と一緒につくるアットホームな結婚式は、全員の一生の思い出になったはず。

ナイトウエディングのいいところ
新しくはじまった挙式「ナイトウエディング」は、新郎新婦はもちろんゲストにもメリットがいっぱい。

☆招待客の負担が少ない
昼間の結婚式は、早起きしてヘアメイクをしたり、遠方からなら前日宿泊が必要だったりと招待客の負担が大きいもの。
ナイトウエディングなら、ゆっくりと準備や移動ができたり、仕事が終わってから参加できたりと招待客が参加しやすい。

☆ムードたっぷりの演出
「夜」という特別なシチュエーションは昼間の挙式では経験することができない。
星空やキャンドル、ライトなど光の演出による幻想的な雰囲気は、きっと一生の思い出になるはず。


グリーンヒルの挙式は2人の家族構成や希望によって作り上げていくので、まずは気軽に相談をしよう。

【ブライダルレポートTOP】
INFOMATION
バックナンバー